○障害者雇用分野における平成23年度税制改正について
(平成23年6月30日)
(職発0630第5号)
(都道府県労働局長あて職業安定局長通知)
(公印省略)
平成23年度の税制改正については、「国民生活等の混乱を回避するための租税特別措置法等の一部を改正する法律」(平成23年法律第12号)により、既存の税制優遇措置が平成23年6月30日まで延長されていたところであるが、今般、「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法律第82号)及び「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための地方税法等の一部を改正する法律」(平成23年法律第83号)が成立し、本日付けで公布され、本年4月1日から遡及適用されることとなった。
障害者雇用関係の改正内容については、本月15日に開催した全国障害者雇用担当官等会議において説明したとおりであり(別添1)、引き続き、各公共職業安定所長が各税制優遇措置の適用要件を満たすことの証明を行うこととなる。具体的な事務の取扱いについては、別途、「障害者職業紹介業務取扱要領」の改正により指示するが、今般の税制改正により、証明事項が増えることとなるので、改正内容を十分に御了知のうえ、各公共職業安定所職員へ周知するとともに、実施に当たっては遺漏なきよう特段の御配慮をお願いする。
また、国税については、地方税のように既存の特例措置の単純延長及び助成金の改廃に伴う所要の規定の整備ではなく、要件の拡充を行うため、周知のためのリーフレット(別添2)を作成した。各労働局及び各公共職業安定所におかれても、リーフレットのホームページへの掲載、窓口での掲示・配布などにより、事業主に対する積極的な周知をお願いする。

[別添1]

画像1 (144KB)別ウィンドウが開きます

 

画像2 (161KB)別ウィンドウが開きます

 

画像3 (194KB)別ウィンドウが開きます

 

画像4 (167KB)別ウィンドウが開きます

[別添2]

事業主の皆さまへ

 

  障害者を多数雇用する企業に対する税制優遇制度が拡充されました

 

取得した機械や設備について 割増償却 ができます

画像5 (31KB)別ウィンドウが開きます

◆ これまでは以下@Aのいずれかの要件を満たす事業主が割増償却制度を利用できましたが、重度障害者の一層の雇用促進を図る観点から、Bの要件を満たす事業主についても、割増償却制度を利用できるようになりました。

   @従業員数に占める障害者数の割合が50%以上

   A雇用している障害者数が20人以上であり、かつ、従業員数に占める障害者数の割合が25%以上

   B法定雇用率1.8%を達成しており、基準雇用障害者数が20人以上であり、かつ、基準雇用障害者数に占める重度障害者数の割合が50%以上

画像6 (2KB)別ウィンドウが開きます

ひと、くらし、みらいのために

厚生労働省・都道府県労働局

 

 

 

1 税制優遇制度の概要

 

 

 

◆ 障害者を多数雇用する事業所で下記2の要件を満たすものが減価償却を行う際、その事業年度又はその前5年以内に開始した各事業年度に取得・製作・建設した機械装置、工場用建物及びその附属設備並びに一定の車両運搬具について、普通償却限度額の24%(工場用建物及びその附属設備は32%)の割増償却ができます。

 

2 税制優遇制度の対象となる事業主の要件

 

 

 

◆ 青色申告書を提出する事業主であること

◆ 平成26年3月31日までの期間内に始まるいずれかの事業年度(※)において、以下のいずれかの要件を満たす事業主であること

  ※ 個人事業主の場合は平成26年12月31日までの各年

@ 従業員数に占める障害者数の割合が50%以上(※1)

A 雇用している障害者数が20人以上(※1)であり、かつ、従業員数に占める障害者数の割合が25%以上(※1)

B 法定雇用率1.8%を達成している事業主で、基準雇用障害者数が20人以上(※2)であり、かつ、基準雇用障害者数に占める重度障害者(※3)数の割合が50%以上(※2)

  ※1 短時間労働者を除く重度障害者は1人を2人とカウント(ダブルカウント)とし、重度以外の障害者である短時間労働者は1人を0.5人とカウントします。

  ※2 基準雇用障害者数とは、ダブルカウントなしの障害者数の合計をいい、重度障害者数の割合とは、基準雇用障害者数に占めるダブルカウントなしの重度障害者数の割合をいいます。この場合、短時間労働者は1人を0.5人とカウントします。

  ※3 重度身体障害者、重度知的障害者及び精神障害者をいいます。

 

3 事務手続

 

 

 

1.最寄りのハローワークで、上記の事業主要件を満たしていることの確認を受けてください。

2.ハローワークで交付される証明書は、税務署に申告する際、税務署から掲示を求められれば必要となりますのでお持ちください。

       要件確認の手続きについては最寄りのハローワークまで、割増償却制度については最寄りの税務署までお問い合わせください。