○水質基準に関する省令の表の上欄に掲げる事項以外の事項に係る水質の検査の方法
(平成六年七月四日)
(厚生省告示第二百十九号)
水道原水水質保全事業の実施の促進に関する法律施行規則(平成六年厚生省令第三十六号)第二条第二号の規定に基づき、水質基準に関する省令の表の上欄に掲げる事項以外の事項に係る水質の検査の方法を次のように定める。
水質基準に関する省令の表の上欄に掲げる事項以外の事項に係る水質の検査の方法
水道原水水質保全事業の実施の促進に関する法律施行規則(平成六年厚生省令第三十六号)第二条第二号の厚生労働大臣が定める方法は、次の表の上欄に掲げる事項につき同表の下欄に掲げるとおりとする。
クロロホルム生成能
パージ・トラップ―ガスクロマトグラフ―質量分析法(以下「PT―GC―MS法」という。)、ヘッドスペース―ガスクロマトグラフ―質量分析法(以下「HS―GC―MS法」という。)、パージ・トラップ―ガスクロマトグラフ法(以下「PT―GC法」という。)、ヘッドスペース―ガスクロマトグラフ法(以下「HS―GC法」という。)又は溶媒抽出―ガスクロマトグラフ法
ジブロモクロロメタン生成能
PT―GC―MS法、HS―GC―MS法、PT―GC法、HS―GC法又は溶媒抽出―ガスクロマトグラフ法
ブロモジクロロメタン生成能
PT―GC―MS法、HS―GC―MS法、PT―GC法、HS―GC法又は溶媒抽出―ガスクロマトグラフ法
ブロモホルム生成能
PT―GC―MS法、HS―GC―MS法、PT―GC法、HS―GC法又は溶媒抽出―ガスクロマトグラフ法
総トリハロメタン生成能(クロロホルム生成能、ジブロモクロロメタン生成能、ブロモジクロロメタン生成能及びブロモホルム生成能の総和)
クロロホルム生成能、ジブロモクロロメタン生成能、ブロモジクロロメタン生成能及びブロモホルム生成能ごとに、それぞれ一の項、二の項、三の項及び四の項の下欄に掲げる方法
備考
一の項から五の項までに掲げる事項に係る検査は、検水に次亜塩素酸ナトリウム溶液を加え、硫酸又は水酸化ナトリウムを用いてpH約七・〇に調整した後、摂氏二十度で約二十四時間静置し、遊離残留塩素が一mg/l以上二mg/l以下となるようにしたものについて行うものとする。
改正文(平成一二年一二月二八日厚生省告示第六三六号)抄
平成十三年一月六日から適用する。